サンプル画像

贈るタイミング

職場の上司や同僚の場合、事前に退職の時期を知ることも多く、また送別会を催すことも多いので、退職祝は退職日の前日までに、あるいは送別会の場で贈るのが一般的です。もし、取引先の相手などで退職後に知った場合はできるだけ早く、遅れたお詫びの言葉も添えて贈るようにするとよいでしょう。退職といっても定年や結婚、転職など事情は様々ですから、それにあわせてタイミングやギフトを選ぶのがよさそうです。職場の前例・慣習を参考にするのもよいでしょう。また、リストラなど本人が意図しない退職でも、これまでお世話になった御礼として贈るのがよいでしょう。

乳酸菌について知りたい方はこれをチェック
乳酸菌の情報サイトです

退職祝のタブー

基本的に、目上の方に現金を贈るのは失礼に当たると言われていますので、そういった場合でも職場の課や部署単位で、記念品などを添えて贈るのがよいでしょう。前にも触れたように、前例・慣習があるはずですから、それに従って準備をするのが無難です。特にお世話になった方には個人で贈るのもよいでしょう。ギフトを選ぶ際に避けるべきものとしては、日本茶(香典返しに使われることが多いため)、櫛(読み方で“苦”や“死”を連想させるため、縁起が悪いといわれている)、靴下や靴、下着類など(下の方に着けることから、目上の方には失礼にあたる)などがあります。これまでの感謝の気持ちを込めて、失礼にあたらないものを選びましょう。