サンプル画像

贈るタイミング

母の日のギフトを贈るタイミングは、当日が最良でしょう。日本では5月の第2日曜日。特に難しい決まりごとなどありません。日頃の感謝と愛情を込めて、心づくしのギフトを贈りましょう。

好まれるギフト

赤いカーネーションは定番ですが、これはアメリカで母の日を提唱したアンナ・ジャービスという女性の母が、カーネーションを好んでいたことから象徴として選ばれた、とされています。“愛情”や“熱愛”といった花言葉を持つので、愛情を込めた贈り物にぴったりです。赤以外のカーネーションもたくさんありますが、白は弔事で使われるので、贈るのは避けましょう。また、カーネーションに限らずお花をもらうのは、女性にとってうれしいものですから、お花のアレンジや花束、最近では枯れずにずっと楽しめるプリザーブドフラワーなども人気です。それ以外では、本人の好みにあわせた衣類やアクセサリー、またキッチン用品やインテリアなどの実用品も好まれます。いずれにしても、喜んでくれる顔を思い浮かべて、心を込めて選びたいものです。

関連リンク