サンプル画像

思いやりの気持ち

“心をこめた贈り物”とよく言われるように、相手には品物を喜んでもらうだけでなく送る側の心も伝えたいものです。その“心”とは、普段の感謝やこれからもよろしく、といった気持ちだけでなく、品物を選ぶにあたり相手のことを考え、好みや生活習慣までを慮った“思いやり・気づかい”であると思います。そしてそれが押し付けがましくなく、できるだけ“さりげなく”伝わるとその後よりスマートで良好な関係が保てるでしょう。そのためには、送る側にもいくつかのマナー、ルールがあります。せっかく贈ったギフトで、逆に相手の気持ちを傷つけたり、誤解を与えるようなことがあってはいけません。一般的なマナーや気をつけたいルールについて、次からふれていきます。